main_blog main_blog

オアシス本駒込店ブログ

本駒込店スタッフによるフィットネスクラブ奮闘記!

1日1キウイ

オアシス本駒込内にあるエステ「グラサボーテ」で以前お肌の悩みを相談したところ、1日1つキウイを食べることを勧められました。それから特に理由も分からずキウイを食べるようにしていましたが、今回その栄養素を調べてみました!すると思った以上にキウイには美容効果や健康を保つための栄養が含まれていました。

キウイの一番優れているところは、ビタミンCが豊富に含まれているということです。成人男女が一日に必要なビタミンCは100mgで、キウイ1つ(100g)で69mgもあります。一日キウイを1〜2個食べれば摂取できるということです。ビタミンCはコラーゲン合成、抗ストレス作用、美白効果、抗酸化作用などがあり、美容や健康ためには必ず摂りたい栄養素ですね。

その他、キウイに含まれる主な栄養素を紹介します。

まずはビタミンE!キウイ1つに含まれるビタミンEは1.3mgで、みかん3個分にあたります。ビタミンEは同じく抗酸化作用があり、ビタミンCと一緒に摂ると相乗効果が増すそうです。

次に食物繊維!キウイ1つに含まれる食物繊維は2.5mg。みかん3個分、バナナ2本分にあたります。食物繊維は腸内環境を整え便通を良くしたり、コレステロールを排出し生活習慣病の予防に効果があります。食物繊維が不足すると満腹感が得られにくくなり、肥満の原因にもなります。

そしてカリウム!体内の余分な塩分を排出し、高血圧の予防に効果があります。カリウムは骨の材料になる栄養素なので、不足すると骨粗しょう症になります。また、筋肉の働きをよくする作用もあります。

最後にアクチニジンを紹介します。タンパク質の消化・吸収を促進します。タンパク質は筋肉の元になる栄養素で、肌や髪、爪などもタンパク質からつくられます。タンパク質が豊富な肉や魚料理の後にキウイを食べると良いということですね。キウイを食べると舌がチクチク感じたりしますが、これがアクチニジンの作用によるものです。

いかがでしょうか。美容に良いということは健康にも良いということであり、キウイは果物の中でも栄養価に優れていたことが分かりました。あんなに小さいのにすごいですね!キウイはびっしり毛で覆われていて少し固めのものを室温て熟すまで待つのがいいそうです。キウイを縦に持ち、少し押してへこむようなら芯まで熟しているということです。固めと食べ頃で比較するとビタミンCの量が30%も変わるそうですよ!

私はこれまで毎朝ヨーグルトと一緒に食べていましたが、これからは食後のデザートにもしようかと思います!みなさんも是非1日1キウイを続けてみてください!


(大野)

画像(1):芯まで熟しているかチェック!
画像(2):おいしくいただきます!
※画像撮影者/大野
1日1キウイ 1日1キウイ
2012年06月26日│食事・栄養・レシピ
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。