main_blog main_blog

オアシス本駒込店ブログ

本駒込店スタッフによるフィットネスクラブ奮闘記!

熱中症対策<スポーツドリンク>

今年も早いもので7月に入り夏も本番に近づいてきました。そこで注意したいのが熱中症です。今回は熱中症対策のスポーツドリンクの選び方を紹介したいと思います。

熱中症とは、主に高温多湿な環境での激しい労働や運動の影響で、体温を維持する機能が麻痺することにより発生する健康障害のこと。症状としてはけいれんや、めまい、頭痛、吐き気などです。夏の暑い日が続くと熱中症になると思われがちですが、それよりも今の時期のような気温の差が大きい時の方が熱中症にかかりやすいので特に注意が必要です。

その他、健康面で最も気をつけなければならないのが水分・塩分の補給です。水分の不足は脳への血流不足となり、めまいや吐き気、頭痛、言語異常などを引き起こします。また、水分だけ補給して塩分を補給しないと、筋肉のけいれんなどを引き起こすことになります。このため、熱中症の予防対策として、塩分を含んだスポーツドリンクなどをこまめに摂取することが重要です。
水分・塩分の摂取量の目安としては0.1〜0.2%の食塩水、または100mg中ナトリウム40mg〜50mgを含むスポーツドリンクがおすすめです。具体的な商品でナトリウム量を比べてみると、ポカリスエット49mg、ゲーターレード48mg、アクエリアス33mgなど、熱中症対策でみるとポカリスエットやゲーターレードなどは効果が高いことがわかります。

このようにスポーツドリンクなら何でも飲めばいいという訳ではなく、環境や状態に合わせて飲み分け、スポーツライフを楽しみましょう!


(玉岡)

画像(1):環境や状態に合わせてスポーツドリンクを選びましょう
※画像撮影者/玉岡
熱中症対策<スポーツドリンク>
2012年07月01日│健康
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。