main_blog main_blog

オアシス本駒込店ブログ

本駒込店スタッフによるフィットネスクラブ奮闘記!

ファスティング体験記2

3日間のファスティングを始める前に、3日間の「準備期」で食事内容を調整しました。『まごわやさしい』食材をベースに少しづつ食事量を減らしていきます。
「ま 」マメ類、豆腐、納豆など
「ご 」ごま、ナッツ類
「わ 」わかめ、海藻類
「や 」野菜
「さ 」さかな
「し 」しいたけ、キノコ類
「い 」いも類
調理法は、油をたくさん使うものより、煮る、蒸すなどがよいとのこと。お肉や卵など動物性のものは避けます。水分は多めに摂ります。お肉や卵を使えないと、物足りなさを感じるというより献立のバリエーションに少し悩みましたが、野菜や果物はたくさん食べられるので、つらいという感じはありませんでした。

画像(1)酵素ドリンクは水で薄めて少しづつ飲みます。意外と空腹感はありません。



準備期間を終え、スタートです!ファスティング期間中は、口に入れるのは水と酵素ドリンクのみ。お腹がすくんだろうなぁというのが不安でした。初日はオアシスに出勤して、午前中にエアロビクスのレッスンをしました。仕事中は何かと慌ただしいので、空腹などを意識することはあまりなく、辛さも感じませんでした。ただ、強烈に眠気が・・・。

2日目、3日目は仕事がお休みで、家族と過ごしました。買い物へ行きおいしそうなにおいをかいだり、家族の食事を作り食べているところを見ると、「焼肉が食べたい」とか「カレーライスが食べたい」と食べ物のことばかりが頭に浮かびました。酵素ドリンクを飲んでいるおかげか、さほど「空腹感」はないのですが、モグモグ咀嚼して食べる行為をしないので「口さみしい」「食べたい」という感覚がずっとありました。あとはとにかく眠くて眠くてたまりませんでした。そういった体調の変化は人それぞれだそうです。逆に頭や視界さえクリアになる方もいるとのことです。

3日間のファスティングで体重は3kg落ちました。自分では見た目お腹周りがスッキリしたかな?と思いました。でも手放しで喜ぶわけにはいきません。ファスティングが終わった翌日から3日間は回復期間です。この期間がとても大事なのだそうです。教えていただいた回復食は以下のようなものでした。

初日は、玄米のおかゆ、おもゆ、もしくはバナナなどの柔らかいものを。二日目は玄米お粥、野菜、果物などを。三日目は、「まごわやさしい」食材を。私は回復食の初日がファスティング中よりつらく感じました。やっと食べられる!でもガツガツなんでも食べていいわけではないし、おかゆだけなんて・・・。ものすごく物足りなさを感じ、酵素ドリンクをゴクゴク飲んでいるだけのほうがよっぽど気楽でした。

画像(2)準備期間、回復期間中は、味噌汁のだしも植物性の昆布のみです。ファスティング明けは昆布だしのみのお味噌汁がびっくりするほど美味しかったです。


2日目にようやく野菜などしっかり固さのあるものを噛んで食べることができました。このとき食べた生野菜の、なんと甘くておいしいことか!ドレッシングなんてなくても、ちょっとお塩があればもう充分でした。

3日目、ようやく動物性以外ある程度のものを食べられるようになりました。このとき大好きなカシューナッツを食べたら、なんだか思ったほどおいしくありませんでした。なんだか油っこく感じていつもの「やめられない止まらない」勢いにならずにすみました。

他にもファスティングをしてからは、スーパーで購入したキムチがなんだか薬くさく感じておいしくなかったり、ウィンナーが塩辛くて脂っぽくておいしくなかったり、味覚の変化がありました。誰にも言われなかったけど、自分では「鼻が高くなった」ように思いました(笑)ムクミがとれてそんな風に感じることもあるそうです。その一ヶ月後、改めてファスティングをしたときは、それまでかかと周りがカサカサしていたのが、柔らかくなりカサカサが全く無くなっていてびっくりしました。人それぞれですが、体に色々な効果があってファスティングがとても楽しくなりました。今後も定期的にチャレンジしたいと思っています。


(中見)

画像(1):酵素ドリンクは水で薄めて少しづつ飲みます。意外と空腹感はありません。
画像(2):準備期間、回復期間中は、味噌汁のだしも植物性の昆布のみです。ファスティング明けは昆布だしのみのお味噌汁がびっくりするほど美味しかったです。
※画像撮影者/中見
ファスティング体験記2 ファスティング体験記2
2013年09月02日│健康
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。