main_blog main_blog

オアシス横須賀24Plusブログ

横須賀店スタッフによるフィットネスクラブ奮闘記!

ビーチサンダル健康法

歪みに関してのオススメ健康法をご案内します。

身体の歪みの1つに、足根骨(足首の中心)の歪みがあります。
体表的なものに、偏平足・外反母趾などがありますが、身体構造の基礎である足の歪みは、その上の構造物に影響を与えます。実際に、骨盤の歪みや肩こりの原因になっていることがあります。

今回はこの予防策を少しご案内します。

<トレーニングの方法>
・タオルギャザー
床にタオルを敷いて、それを足の指でたぐりよせる運動。暇な時やるとよいです。
・つま先立ち
親指重心・小指重心の2パターン(各20回程を1日3回)
・かかと立ち
親指側を挙げる・小指側を挙げるの2パターン(各20回程を1日3回)

というものがありますが、私自身の経験ではこれにプラスして、下駄・雪駄・ビーチサンダル・地下足袋を普段履きにするとさらに効果が上がります。

以前足の甲を骨折してしまい、股関節痛や腰痛など様々な症状が起こるようになっていましたが、くずれたアーチ構造を修復するため、雪駄を普段履きにすることで次第に症状が軽減していきました。いつも雪駄を履いているので、「雪駄の岡田さん」と呼ばれるようになってしまいましたが・・・

今は夏なので可能な限り、ビーチサンダルで歩きまわっています。
みなさんにもオススメいたします!

ちなみに雨の日はすべるので、ビーチサンダルはよしたほうがいいですよ。
(修行僧ことパーソナルトレーナー/岡田)

画像(1)つま先立ち〈左が親指重心・右が小指重心〉
画像(2)かかと立ち〈左が親指側をあげた状態・右が小指側をあげた状態〉
画像(3)岡田愛用の雪駄
※画像撮影者/大西


()
ビーチサンダル健康法 ビーチサンダル健康法 ビーチサンダル健康法
2008年07月08日│店舗日誌
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。