main_blog main_blog

オアシス横須賀24Plusブログ

横須賀店スタッフによるフィットネスクラブ奮闘記!

もも裏に効かせるには。

数ヶ月前の前回に続きフィットネスセンターで声をかけることの多いマシンの解説を行いたいと思います。

今回はレッグカールです。このマシンはふとももの裏側を鍛える為の種目です。
大きなポイントは二つ。

一つは膝の関節を黄色い軸に合わせてあげること。
もう一つはつまさきをたてることです。

画像(1)正しいフォーム



一枚目の写真を見ていただくとわかるのですが、膝の向こう側に黄色いものが見えますよね。
これがこのマシンの動きの軸をあらわしています。
従って座ったときにこの軸と膝の位置が合うように背もたれの位置を決めていくのです。

二つ目のポイントのつまさきですが、こちらはつまさきがねているとふくらはぎに力が入ってしまい
本来トレーニングしたいももの裏側にうまく刺激が入りません。

画像(2)誤ったフォーム(膝の位置があっていない、つまさきがねている)



つまさきを立てることによりふくらはぎの筋肉は伸ばされるので
力が入りづらくなりももの裏に正しく刺激が入るようになるのです。

ポイントは以上の二つ。
あとは動かせる範囲内でめいいっぱい大きく膝を曲げてあげましょう。
今までと違った刺激を感じられると思いますよ。


(時永)

画像(1):正しいフォーム
画像(2):誤ったフォーム(膝の位置があっていない、つまさきがねている)
※画像撮影者/橋本
もも裏に効かせるには。 もも裏に効かせるには。
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。