main_blog main_blog

オアシス浦和24Plusブログ

浦和24Plusスタッフによるフィットネスクラブ奮闘記!

岩崎的水泳学 〜平泳ぎ編〜

クロールと背泳ぎの練習は進んでいますか。
長い間、更新していなかったので、完璧にマスターしちゃいましたか??
今回は、オアシスの会員さんで一番泳がれている「平泳ぎ」です。
まだ記憶に新しい、北京オリンピックで北島康介選手が2冠に輝いた種目ですね。

では、今回は3つのポイントを押さえていきましょう
キャッチ・・・けのびの姿勢から親指を軽く下に向け、手は肩幅より広めに開き水を押す

プル ・・・肩より後ろに肘がいかないようにして、キャッチした水を胸に向かって書きこむ。また、かき込むと同時にわきを締める。

リカバリー・・かき込んだ水の上を進むように、水面近くで手を伸ばす

平泳ぎは、4種目の中で唯一フィニッシュの動作がありません。なので、キャッチでたくさん水を押さえたら、プルで水を逃がさないようにしないとリカバリーで進みません。

また速く泳ぐコツは、プルは「早く水をかく」でリカバリーは「長く伸びる」というメリハリが必要になります。だんだんタイミングがわかってくると思いますので、泳ぎのテンポを速くすることでスピードが増します。
ポイントがわかっていただけたと思いますので、明日からがんばってみましょう!!

10月に入りフェスタへのカウントダウンが着々と迫っています。
自分の最高のパフォーマンスができるようにがんばりましょう。
(岩崎)

画像(1)しっかり脇を閉めましょう。
画像(2)手は前に伸ばしましょう。
※画像撮影者/岩崎


()
岩崎的水泳学 〜平泳ぎ編〜 岩崎的水泳学 〜平泳ぎ編〜
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。