main_blog main_blog

オアシス浦和24Plusブログ

浦和24Plusスタッフによるフィットネスクラブ奮闘記!

疲れを取るための睡眠

睡眠は日常生活で使っている脳や体を休ませるために誰もが必要。『寝る』事によって心身をリラックスさせる効果もありますね。一般的な平均睡眠時間は6〜8時間が必要とされていますが、実際はその人によって必要な睡眠時間は違うそうです。

睡眠時間は個々違いますが、快眠するために気をつけることは?
・寝る前にお茶やコーヒーなどのカフェインの摂取を控える。
・就寝直前の暴飲暴食、または極度の空腹を避ける。(適度のアルコールはOK)
・就寝直前の入浴で(目安として)42℃以上の湯船に浸からない。(温めがオススメ)
・部屋の明かりを明るくしすぎたり、携帯電話の長時間使用(画面を見る)を避ける。
など、他にもあるかと思いますが、ついつい無意識に普段から行ってしまいがちなことが多いですよね。

それと共に枕の高さや布団の固さなどを見直すのも良いかと思います。昔、私は朝起きるとよく寝違えをしていましたが、寝具の専門店で自分にあった高さの枕を購入、使用してからは以前よりも明らかに身体の疲れが残らなくなり、寝違えもしなくなりました。
ここに上げたことのほかにも、部屋の室温や湿度、音、振動、においなど、いろいろな環境が整って快眠につながります。そして快眠が翌朝のスッキリした目覚めにもつながりますし、是非一度ご自分の寝室の環境、生活環境を見直ししてはいかがでしょうか?
トレーニングで疲れた体をリセットすることで、更に筋力アップが出来たり、トレーニングに集中出来ますので是非お試しください。


(深井)
2011年02月01日│健康
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。