main_blog main_blog

オアシス広島店ブログ

広島店スタッフによるフィットネスクラブ奮闘記!

Group Kickの秘密(コツ) フロントキック編

Group Kickの『JUL’10』がスタートして3週間目です。
気温の変化も大きくなってきたので、体調を崩されていませんか?
Group Kickで体力アップ。健康的な体を目指しましょう!

このBFSの秘密【Group Kick編】では、Group Kickの動作の中で質問が多かった動きや難しい動きなどをピックアップします。よりかっこよく、より動きやすくGroup Kickを楽しみましょう。

今回の動きのテーマは『フロントキック』

■ニュートラルスタンス(脚を横に開いた構え)
■ファイトスタンス(どちらかの脚を前に開いた構え)

どちらのスタンスでも、しっかりと上体を前に向け、ガードは脇をしめて拳をほほの横にセットします。

フロントキックは蹴り脚を膝を曲げた状態でまっすぐ前に持ちあげます。(あげた脚のつま先を下に向けましょう。) その時、上半身はガードの形は崩さずに少し下におろします。持ちあげた脚の高さを維持して、まっすぐ前に蹴り出します。【相手に足の裏(母子きゅう)を押し込むイメージ】で足の裏を前に向け、蹴ります。

※キックの高さは筋力や柔軟性により個人差がありますので、正しいフォームを崩さず蹴りこめる高さで。

キック動作の効果を上げる為には【OUT-IN】を意識しましょう!蹴り出した軌道と同じ軌道で、すばやくキックを戻す事で脚の表と裏の筋肉をバランスよくトレーニング出来ます。素早い動作の中で、脚を「上げる」→「押し出す」→「引く」→「おろす」、たくさんの動きが盛り込まれています。

フロントキックは動きの中でよく出てきます。
フロントキックでかっこよくキックをきめていきましょう!

そしてさらにGroup Kickで熱く燃えていきましょう。
さぁ、一緒にLet's MOVE!!


(高曲)

画像(1):相手に足の裏(母子きゅう)を押し込むイメージ
画像(2):脚を「上げる」→「押し出す」→「引く」→「おろす」  
※画像撮影者/大森
Group Kickの秘密(コツ) フロントキック編 Group Kickの秘密(コツ) フロントキック編
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。