main_blog main_blog

オアシス広島店ブログ

広島店スタッフによるフィットネスクラブ奮闘記!

梅雨の時期のお肌

トータルケアサロンマイキットの土居です。
今回のブログは「梅雨の時期のお肌」について書いていきます。

肌に適した湿度は60%といわれていますが、梅雨から夏にかけての湿度は80%にもなります。肌がべたつき、メイクももすぐに崩れててしまう・・・なんて方も多いのではないでしょうか?この時期はエアコンで除湿された部屋に入るととても快適に感じますが、肌の奥は実は乾燥している「インナードライ」を引き起こす原因になっているのです。

画像(1)



汗が渇くときは肌の水分が蒸発しています。肌のバリア機能を働かすために必要な水分や油分(皮脂)もが出てしまっているのです。バリア機能とは肌表面の角質細胞が、紫外線や最近などの外部刺激から肌を守り、肌の内側からの水分蒸発を防ぐ役目の事です。この繰り越しにより肌内部が乾燥することを「インナードライ」といいます。インナードライにより新陳代謝(ターンオーバー)が乱れ、肌の奥で生まれる角質細胞がもろくなり、乾燥によってはがれてしまっているような状態になるのです。その為、外部刺激から肌を守るバリア機能が低下し、少しの刺激でも赤み・かゆみ・痛み・肌荒れなどが起こりやすくなっているのです。

そんな弱った肌に追い打ちをかけるように梅雨時期に増える空気中の細菌が肌に付着してトラブルを引き起こすのです。普段は「乾燥肌」の方が、梅雨になると皮脂成分が過剰になり「脂性肌」になる、吹き出物ができやすくなると「インナードライ」を引き起こしているかもしれません。肌が持つ本来本来のバリア機能を正常に戻すには、基本のスキンケアが大切です。化粧水で保湿をし、乳液やクリームで保護してあげましょう。毛穴ケアと紫外線ケアも忘れずに!毛穴が開いたままでは、皮脂の成分は更に増えてしまいます。空気に触れ参加した皮脂は黒ずみやシミ・ニキビの原因になり、古い角質は最近の温床にもなっているのです。なので、こまめにピーリングで毛穴の汚れや古い角質を取り除きましょう!!


(土居)
梅雨の時期のお肌
2019年06月18日│ダイエット・美容
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。