main_blog main_blog

オアシス江坂店ブログ

江坂店スタッフによるフィットネスクラブ奮闘記!

腰痛と脊椎の関係

先日の休館日に、フィットネスに関する勉強会を行いました。 今日は、その中で学んだ腰痛と脊椎の関係について皆さんにも紹介したいと思います。

腰痛にも様々な原因がありますが、慢性的な腰痛症には筋力や柔軟性の低下、骨格の歪みなどが原因として主にあります。背骨は身体にかかるショックを吸収するために、自然なS字カーブを描いています。 しかし、自分の普段の生活習慣での姿勢などによって、その自然なカーブは大きく崩れてしまいます。骨盤の傾きと背骨のカーブは関係しており、骨盤の傾斜角が大きいと、S字カーブが大きくなります。 また、骨盤には臀部、太ももの前・後ろ、腹筋群、背筋群など多数の筋肉が付着しており、これらの筋力・柔軟性の低下が骨盤の動きを制限してしまう結果となるのです。

例えば、骨盤前傾。いわゆる、「そり腰」と呼ばれる体型で、この姿勢の方は、大腿部(太もも前)、腸腰筋(足の付け根のあたり)の筋肉が硬く、ハムストリングス(太もも裏)、殿筋(お尻)、腹筋群の筋力が低下していると考えられます。

次に骨盤後傾。これは骨盤が前かがみに曲がり、猫背になりやすい姿勢です。ハムストリングス、殿筋の筋肉が硬く、大腿部、腸腰筋、腰背部の筋力低下が考えられます。

柔軟性の改善はストレッチ、筋力の改善は筋力トレーニングが必要です。自分がどんな姿勢で、どの部位を改善した方がいいのか気になる方は、他にもチェックの仕方があるので、ぜひ、スタッフに聞いてみてくださいね!


(吉田)
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。