main_blog main_blog

オアシス雪谷24Plusブログ

雪谷スタッフによるフィットネスクラブ奮闘記!

日常生活でエネルギー消費

日常生活でエネルギー消費

みなさんこんにちは。スタッフの島田です。寒さで体を動かすのを少しサボってしまうと太ってしまう。私はそんなタイプの人間です。「私もそうなのよ」という人に今回は体型を維持するうえで大切な「代謝」について紹介したいと思います。

基礎代謝という言葉があります。よく耳にする言葉でしょう。正確に基礎代謝を表現すると、「空腹時に20℃の室温で静かに横になり目覚めている状態のエネルギー代謝」となります。就寝中は「睡眠時代謝」といい、消費エネルギー量は基礎代謝の0.8倍。そのまま目覚めた状態で動かないでいる時が「基礎代謝」の状態起き上がり、座位になって動かない状態が、“安静代謝”立ち上がり少し動く“活動代謝”この活動代謝に含まれますが、運動状態に入った時が“運動代謝”となります。さらに食事をとった時にエネルギー発散を伴うことから、それを“食事誘導性体熱生産といいます。これらすべての代謝を増やすことが消費カロリーを高め太りにくい体作りに有利となります。

日常生活にこの代謝を増やす方法があります。例えば背筋を伸ばしたり、少し大股で目線を遠くにして歩く、意識的に階段を使う、スーパーの買い物の時カートを使わないという工夫だけでもカロリーは消費できます。特に背筋を伸ばすという点では、仕事中、食事中、通勤中など1日の大半を占めているのでこれだけでもかなりの消費が期待できます。

私は外出したときは、意識的に階段を使うようにしています。ぜひオアシスにいない時間も意識的にカロリー消費を心がけてみましょう。


(島田)

画像(1):日常生活で代謝をあげよう!
※画像撮影者/杉田
日常生活でエネルギー消費
2015年02月20日│ダイエット・美容
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。