main_blog main_blog

多摩川店キッズブログ

キッズスクール現場の声をお届けします!

新年を迎えて

あけましておめでとうございます。
本年もスタッフ一同、より一層のサービス向上を目指して参りますので
今後ともご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。

さて、新年を迎えて早速、スポーツの素晴らしさに触れて来ました。
1月2日、3日と、東京箱根間往復大学駅伝競走、通称「箱根駅伝」がありました。
毎年たくさんの感動がありますが、今年もまた沢山のドラマがあったと思います。

私が印象に残ったのは、昨年の大会で途中棄権をしてしまったランナー。
駅伝は団体競技であり、孤独な戦いでもあります。自分に対する不甲斐なさ、チームメイトへの申し訳なさに1年間ずっと苦しみ続けてきたはずです。そのランナーが今回見事に襷をつなぎ、しかも区間上位の記録で走りきりました。
中継所に着いた時、息も絶え絶えになりながらサポートしてくれるチームメイトに対し、まず最初に出た言葉は、「ありがとうございます」でした。その後も泣きながら何度も何度も「ありがとう」と繰り返す姿にとても感動しました。

努力した成果に満足するよりも先に、支えてくれた仲間への感謝を口にした選手。
こういう選手が沢山走っているから、何も知らずに見ている私達にも感動が伝わってくるのでしょうね。

すべてのランナーにとって、良い年でありますように。


(新井)

画像(1):箱根駅伝往路ゴール、復路スタート地点の芦ノ湖
※画像撮影者/新井
新年を迎えて
2010年01月03日│コーチ・スタッフ日誌
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。