main_blog main_blog

横須賀店キッズブログ

キッズスクール現場の声をお届けします!

一生が修行

こんにちは!! オアシス横須賀店でキッズ空手の指導をさせて頂いております 
横浜木元道場指導員 斎喜 明子(さいき あきこ)と申します。
私が空手を始めたきっかけは、健康になりたい!!たくさん汗を流したい!!との思いからです。

空手にはたくさんの型や教えがあります。
「心・技・体」という言葉は、皆さまお聞きになられた事があるかと思います。
この言葉の意味の深さは、すぐには成り立たない精神面での鍛錬にぴったりの言葉だと思います。この言葉の教えを、日々稽古という場面で、また、毎日の生活の中で少しでも近づけるようにと過ごしております。

空手の道は、一生が修行の毎日!!

オアシスの子どもたちには、少しでもこの思いが空手を通して伝えられるといいなぁと思いながら指導をしております。

今の子どもたちが置かれている環境は、良いものだとはいえません。
毎日のように当たり前に犯罪が起こり、その中で多くの子どもたちが犠牲になっているのも事実です。携帯電話やインターネットの普及で、子どもたちの中に自然と色々な媒体が入り込んでいる毎日です。いじめにおいても陰湿なメールでのやり取りやら、大人が守ってあげるには限界があります。
そんな劣悪な環境で生きていく強い力を是非、空手から学び、強い精神と優しい心と相手への思いやりや傷みがわかる子どもに育って欲しいとの強い思いで指導をしております。

組手は大人が行っても痛くて怖くて苦しいものです。しかし、嫌だからやらない!!きらいだから逃げる!!のではなく、嫌いを克服する力も養っていけたらいいなぁと思います。
空手の基本稽古・移動稽古・型・組手・ミット打ち・体力作りの中には、そんな私の願いが全て込められていると思うのです。

「心・技・体」・・・。

これからも子どもたちとともに成長しながら空手を続けて、もっとたくさんの子どもたちに空手を通して人間らしさを伝えていきたいと思います。
(斎喜)

画像(1)空手の型「十八」(せいぱい)
画像(2)突き!!
※画像撮影者/白川


()
一生が修行 一生が修行
2009年01月20日│コーチ・スタッフ日誌
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。