main_blog main_blog

オアシスクラブウエスト心斎橋ブログ

クラブウエウト心斎橋スタッフによるフィットネスクラブ奮闘記!

読書の秋にオススメ

少し前に、好きな本屋さんで本を買いました。
その本屋さんはすごく雰囲気が良く、最近では家よりも癒されるんじゃないかと思うよう
になってきた程で、置いてる本もなんだか普通の本屋さんよりも素敵なモノが多いような
気さえしてくる、そんな本屋さんで見つけたオススメな本を紹介します。

その本は世界中の童話やおとぎ話が365話載っています。
365日分。1月1日から、12月31日まで日記のようになっていて一日ずつお話があります。
毎日1話ずつ読めば一年、その一冊が終わるようになっています。
まず初め1月1日のお話は「マッチ売りの少女」でした。
1話1話がすごく短くまとめられているので、だいたい2、3分ぐらいで読めてしまう
ものばかりでスラスラ読めてしまいます☆

皆さん、自分の誕生日はどんな童話なのか気になりませんか?
私はその本を見つけたとき、自分の誕生日にはどんなお話が載っているのかが気になって、
一番初めに誕生日の日を開いて読みました!
ちなみに私の誕生日のお話は皆さんもよく知っている「ジャックと豆の木」でした。
知っている話で何故かちょっと残念でした。。。

私は寝る前に本をよく読みます。
今はずっとこの本で、適当にパッと開いたページを読んでいます。
子供の頃によく読み聞かされたような、かわいい話がすごく多いのですが驚いたことも
あって、今改めてそういうお話を読むと、なんだか残酷だなと感じる話が多いんです…
子供たち向けなのに、そういう残酷な話にどういうメッセージが込められているのか…
といつも考えてしまいます。
でも、なによりそれぞれの国の特色も感じられてすごく面白いです!

きっとそれぞれの国で、みんなこの本にあるような話を、大人たちが子供に語りついで
いっているんだなぁと、世界中で子供たちに読み聞かせているところを想像するとすごく
ワクワクます。
読むと子供の頃の初心を思い出したり、純粋なお話に本当に心が温かくなる本当に素敵な
本なので、是非皆さん読んでみてほしいです。読書の秋におすすめです!
(柴田)

画像/本 
※画像撮影者/柴田


()
読書の秋にオススメ 読書の秋にオススメ
2008年10月29日│店舗日誌
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。