main_blog main_blog

オアシスクラブウエスト心斎橋ブログ

クラブウエウト心斎橋スタッフによるフィットネスクラブ奮闘記!

肩についてお話します

2月も後半になると日中は暖かい日がでてきましたね。
でも、朝や夜の温度との差が大きいので、体温の調節に気をつけてくださいね。
また、急に寒い風が吹いたりすると「あー、寒っ!!」と言って、肩をすくめてしまうので、肩が凝ったりしますよね。この時期は僕も肩に違和感があることが多いです。

ということで、今回は、「肩」に関することについて書かせていただきます。

みなさんは、肩が凝るのとかではなく、「肩が上がらない・肩が痛い」ということはないですか?

肩の疾患にはいろいろありますが、大きくには3つあります。「四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)」「インピンジメント症候群」「腱板(けんばん)損傷」などと言います。

「腱板」とは、棘上筋・棘下筋・小円筋・肩甲下筋の4つを総称して言います。この腱板は、上腕骨と肩甲骨とを固定する役割があり、この筋肉達が弱っていると、固定する役割が無くなる為、肩の色々な部分に痛みが出るというものです。

実は僕も数年前に肩を痛めたことがあります。現役を離れて、2年ぶりにプールで泳いだ時に痛めました。それ以来、気を抜いていると、すぐに肩が痛くなるので注意はしているのですが、この時期になるとやはり肩の違和感が出てきます。
僕の場合は、「インピンジメント症候群」「腱板(けんばん)損傷」を組み合わせたようなもので、棘上筋(きょくじょうきん)と三角筋(さんかくきん)のアンバランスによって、肩関節に近い腱や、肩の動きをスムーズにする滑液包(かつえきほう)などに炎症が起きて痛かったのです。

このアンバランスは、人それぞれ違いますが、僕の場合は、棘上筋が薄くなっていて、柔らかさと共に筋力が足りていない状態でした。それから毎晩、風呂上りの肩のストレッチは欠かしていません。

皆さんも怪我の無いよう、日々のストレッチは欠かさないようにお願いします。

今回は、専門用語であったり、聞きなれない筋肉名が出てきたりしているので、気になる方は宮崎までお気軽にお声かけください。
また肩に違和感や痛みのある方は、宮崎に聞いてみてください。お力になれるかしれませんので。


(宮崎ゆう)

画像(1):左肩のストレッチ(1)タオルを両手で持って。
画像(2):左肩のストレッチ(2)右手を上に引っ張る。
※画像撮影者/宮崎母
肩についてお話します 肩についてお話します
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。