main_blog main_blog

オアシスクラブウエスト心斎橋ブログ

クラブウエウト心斎橋スタッフによるフィットネスクラブ奮闘記!

乗り物酔い克服に向けて

先日長期のお休みを頂いて旅行に行って来ました。旅行先でのことが楽しみすぎて、完全に頭の中に無かったこと・・・乗り物酔いです。

私は小さい頃から乗り物酔い、特に車に酔いやすく、窓を開けていないと吐き気をもよおす事が多いんです。今回の旅行にあたって、まず自宅から関西空港までの道のりで酔ってしまいました。飛行機にはあまり酔ったことが無く、どこかで大丈夫という考えがありましたが、甘かったです。乱気流に入るたびに揺れる機体とともに気分が悪くなり・・・

そもそも、皆大丈夫なのになんで私だけがこんなに気持ち悪くなってるの??と昔からつくづく思ってきましたが、乗り物酔いとともによく出てくるキーワード、「三半規管」って聞いたことありますか?これが乗り物酔いに大きく関わっている所で、簡単に言えば平衡感覚等を司るこの器官が、自分自身は動かずにいるという脳の情報と、周りの景色が動くような、視界から入ってくる情報や車内の揺れなどによる感覚とにズレを感じて危険信号を出す、これが気分の悪さだったり吐き気だったりするんですね。

三半規管の働きの弱い人ほどこのズレを感じやすいんです。それが私だって事は分かっているのですが、車に乗る度に酔い止めを飲むのも何となく嫌で、乗り物酔い克服は「慣れ」だと聞いたことがあるので、体を慣らして克服しようと、最近は薬は飲んでいません。
それでも酔いやすい者の心得として「車内で本を読んだりしないこと」→(視界から入る車内の揺れと同時に起こる文字の動きで「ズレ」を感じやすくなるから)「電車では進行方向と逆向きに座らないこと」→(先の進行方向や動きが予測できた方が酔いにくいから)は気をつけるようにしています。

今回の旅行は長時間だったので、ここは飲んでおくべきだったと反省していますが、いつか酔いなんて考えずに乗り物に乗れる日が来ることを夢見ています。


(久保田)

画像(1):元気な時に撮った飛行機からの明石大橋
※画像撮影者/久保田
乗り物酔い克服に向けて
2011年03月04日│健康
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。