main_blog main_blog

オアシス赤塚24Plusブログ

赤塚店スタッフによるフィットネスクラブ奮闘記

軟水と硬水

こんにちは。暑い夏が過ぎ、ようやく涼しさを感じることができる季節になってきました。季節の変わり目で体調を崩しやすくなる時期ですが皆さん体調はいかがですか。暑い日と寒い日が入り混じるこの季節、体調管理には十分に気をつけてください。

さて、今回はそんな体調管理にはもちろん、スポーツ時にも大切な水分補給の種類についてお話したいと思います。皆さんは軟水と硬水の違いをご存知ですか。普段何気なく摂取しているお水も軟水、硬水によってその特徴も異なります。

軟水は主に日本人に特に好まれやすく、口当たりがまろやかで飲みやすい水です。素材やダシの旨み、香りを引き出しやすいので、料理にも適しているほか、赤ちゃんのミルク作りやコーヒー、紅茶などの嗜好品についても、それぞれの味と香りがストレートに出てきます。軟水は浸透が早く、吸収性に優れているので、老廃物の排出がスムーズになります。赤ちゃんや高齢者など、デリケートな身体の人にも負担をかけないのが特長です。また、生活用水としては、石けんや洗剤が泡立ちやすいので、洗濯や浴用にも適しています。

一方、硬水はスポーツ後のカルシウム補給やダイエット、便秘解消に役立ちます。硬水にはなじみが浅い日本人でも、健康のために飲用している人は結構います。ただし、胃腸に負担をかけやすいので、胃腸が弱い人や抵抗力の弱い人が飲むとお腹を壊すことがあります。料理においては、肉などの灰汁が出やすくなるので、灰汁が多い料理には適している他、洋風料理やパスタを茹でる時に使うとコシが出たりもします。

では、どちらが好ましい水分補給か、そういった疑問を抱かれると思いますが老廃物の排出をスムーズに促してくれる軟水。そして、デトックス効果や便秘解消効果がある硬水。異なった作用だからこそ、改善したい症状や自分の状態に合わせたお水を選ぶことが大切と言えると思います。スポーツの秋、活動しやすく体調管理の難しいこの季節に是非、ご自分に合ったお水を探してみて下さい。


(輿石)
2013年10月07日│ダイエット・美容
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。