main_blog main_blog

オアシスあべの店ブログ

あべの店スタッフによるフィットネスクラブ奮闘記!

温かい蕎麦で健康な体に

最近うどんとそばを食べる事が多いです。特にうどんは本当によく食べに行きます。そこで気になったのがどちらのほうが、カロリーが高いのかということです。

かけうどん326カロリー(乾燥うどん100g105カロリー)
かけそば 323カロリー(乾燥そば100g132カロリー)

では、どっちがカラダにいいのだろう、と思ったので栄養士のスタッフに聞いてみるとあまりカロリーは変わらないが他の栄養素が多いので蕎麦のほうがオススメだそうです。

蕎麦の主成分はでんぷんです。他の穀物と比べると蕎麦は、リジンやトリプトファンなどの必須アミノ酸を多く含んでいます。ビタミンB1・B2・ミネラル・食物繊維・ルチンなども多く含まれています。ルチンは毛細血管を丈夫にする働きや血圧降下作用があり・高血圧や脳卒中の予防などが期待されます。ルチンやビタミンB1などは水溶性でゆで汁に溶け出しているので蕎麦湯は一緒に飲むようにすると、さらに効果的に摂取できるので蕎麦湯は頂いた方がいいみたいです。私はいつもたくさん頂きます。

そこで少し注意点があります。蕎麦の栄養成分を充分に摂取したいと思われたなら蕎麦粉100%の生蕎麦がオススメで二八蕎麦以上でないと十分な効果が期待できなくなるようです。あと、蕎麦は体を冷やす作用が強いので、冷え性の人などは冷たいそばの常食は避けたほうが良いようです。なんかお蕎麦が食べたくなってきましたね。うどんとそばで悩んだ時は、そばがおすすめです。


(竪本)

画像(1):とても美味しく頂きました。
※画像撮影者/竪本
温かい蕎麦で健康な体に
2012年04月09日│食事・栄養・レシピ
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。