main_blog main_blog

オアシス上大岡店ブログ

上大岡店スタッフによるフィットネスクラブ奮闘記!

夏バテ対策

夏と言えば気温が上がり暑くなってきますね!
気温が高くなると、食欲がなくなったり疲れやすくなりますね。
夏バテです!
今回は、予防策をお伝えしていきます。

■室内と室外での温度差での自律神経の乱れ
エアコンの効いた涼しい部屋から屋外に移動したときに体温の調節が上手く出来ず、自律神経が乱れ体調を崩しやすい。

■体内の水分とミネラルの不足
体温が上がることで、体内の水分やミネラルが失われ食欲不振や血圧が低下し、体内を栄養が循環しにくくなる。
さらに、筋肉や骨から水分やミネラルが失われると足がつったり、痺れる事もあります。

■食欲減退による栄養素不足
麺類やかき氷などの冷たいものを食べていると、体は常に冷えた状態となり胃腸の動きが悪くなる。
そのため、食欲不振となり、十分な栄養が取れない。
また、高温多湿という気候も胃腸のはたらきを低下させ、体内の余分な水分を増やし、体を冷やしてしまう。

この3点が原因で、次のような症状が発生しやすくなります。

・からだのだるさ
・食欲不振
・下痢、便秘
・睡眠不足
・立ちくらみ、めまい
・むくみ
・吐き気
・微熱
・イライラする
・無気力になる等です。

普段の生活で、このような症状が出ている方は注意です。
夏バテの可能性があります!
そこで、皆様が夏バテに負けないための体を作るために、夏バテ対策をお伝えします!
まずは、食事からです!

●食事は、先程もお伝えしたように冷たい食べ物を摂取しすぎると胃腸の働きも悪くなり、栄養バランスも崩れてしまいます。
不足しがちになってしまうたんぱく質や汗をかくことで失われるミネラルなどの栄養素は意識して摂取するようにしましょう。
毎回のお食事に肉、魚、大豆製品といったたんぱく質を多く含む食材を一品は、入れるようにしましょう!
ミネラルは、海藻類などを摂取しましょう。

続いては、生活習慣についてです!

●生活習慣を見直す
・ウォーキングやヨガなどの軽い運動
・朝起きてカーテンを開けて太陽の光を浴びることで、セロトニンという物質が体内で分泌されます。
別名「幸せホルモン」です。また、陽射しをたっぷり浴びることで体内時計がリセットされ、体に活動と休息のリズムも生まれます。
そのため、不眠などの症状にも効果的です。
 
・就寝環境を整える
 エアコンの温度設定を27〜28℃くらいにして、就寝1〜2時間前より部屋を冷やしておくと寝付きやすいです。
・生活リズムを整える
 就寝時間と起床の時間を固定しましょう!7〜8時間睡眠時間が取れると良いです。
・こまめな水分摂取
 ジムでの運動前後や汗をかいた際は必ず水分を摂取する!

〇港南区、南区、磯子区で『ジム・温泉・ホットヨガ』と言えば東急スポーツオアシス上大岡店


(小峯)
夏バテ対策
2021年07月22日│店舗日誌
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。