ルーシーダットンのルーツ、タイへ

店舗日誌2020年10月27日

スペシャリストには程遠いですが、去年から始めたルーシーダットンのルーツを探る為、まつわるものは何でも体験しようとタイへ行ってきました。

タイ古式マッサージやルーシーダットンに使われる“SEN”と呼ばれるエネルギーラインは血管やリンパの流れが集中してある場所にあり、そこを刺激することで流れを促進していきます。
刺激の方法は手で圧をかけたり、身体をひねって曲げたりして行ないます。
また、呼吸法が特徴で、息を吸いながらポーズをとり、完成のポーズでキープし後は吐きながら元に戻すという方法で、これは呼吸筋を鍛え、代謝を高め、血行も促進するという効果があります。呼吸は下腹に意識をおく為骨盤底筋群も鍛えられます。

タイでは伝統的な健康法として受け継がれていますが、バンコクのワットポー境内にて、マッサージ師が自己生態の為に毎朝行なっています。
下が石畳の為、立ちポーズばかりでした。自由に参加でき、飛び入りでも親切にポーズを修正していただいたりもしました。汗がだらだらでてきました・・・

また境内にはルーシーダットンのポーズをとった像が20体位あったり、SENの図が描かれてある図も飾ってあったりしました。とても興味深く、滞在中3日足を運びました!!

ヨガにある卓越した柔軟性、ピラティスにある筋力を要求されずどなたにでも気軽に参加できる健康法です。ヨガやピラティス、その他のエクササイズのウォーミングアップの為に行なうと、パフォーマンス性も上がるのではないでしょか?ぜひお試しください!!

(佐藤)

画像(1)SENの図
画像(2)ワットポー境内にて
画像(3)ポーズをとった像
※画像撮影者/佐藤


()
写真: 写真: 写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。