加圧でよくばりトレーニング〜加圧の流れ・上半身編〜

フィットネス・エクササイズ2010年11月26日

加圧って大丈夫なの?と、いう質問の次に多いのは加圧ってどんなことをするの?という質問です。実際に行っているトレーニングの流れを紹介したいと思います。

今回は上半身!

1.加圧ベルト装着〜加圧〜
血流を止めるのではなく、血液を流れにくくします。血管にも筋トレさせるわけです。また、血液が流れにくいことで疲労物質が蓄積しやすく少しの運動でも多くの運動と同等の効果を得ることができます。

2.プーリング〜ちょりゅう貯留〜
プーリングとは血液を更に溜める動作を行います。手をグーパーさせたり腕を曲げたりします。より加圧の効果を得ることができます。※写真1

3.筋力トレーニング〜腕〜
血液が溜まり疲労物質が溜まった状態でトレーニングをするとペットボトルのような軽い重さでさえ何回も持ち上げるのはきつく感じます。※写真2

4.筋力トレーニング〜胸、背中〜
カラダの中でも比較的大きな筋肉で鍛えることで基礎代謝が上がりやすい筋肉です。先に腕のトレーニングを行った事で腕に無駄な力が入らず胸、背中をしっかり鍛えることができます。※写真3

5.加圧ベルトをはずす〜除圧〜
加圧中は血管を柔らかく保つ一酸化窒素が多く生まれます。そのため加圧後は血液がよく流れカラダの隅々まで洗い流してくれます。むくみや冷え症、肩こりなどに効果的です。

加圧トレーニングについて学んだこと〜
加圧トレーニングは加圧ベルトを着けてトレーニングをすればいいと思っていました。
加圧ベルトを着けるだけでは不十分で加圧には加圧独自の方法があるそうです。(プーリング、回数、負荷設定、休憩など)
加圧の効果を得るためにはそれらを綿密に計算しながら行うことが必要らしく、また上記3,4で書いたように腕を先に鍛えることで腕が疲れてその後のトレーニングの正しいフォームで行うことが難しくなります。
フォームチェックやメニュー作成はとても初心者にはできない技術なので加圧トレーニングはトレーナーにマンツーマンでみてもらうパーソナル制度がオススメです。


(延賀)

画像(1):プーリング中!.
画像(2):二の腕のトレーニング脱ふりそで腕
画像(3):胸のトレーニング・ストレッチを感じながら
※画像撮影者/加圧トレーナー/小津間
写真:プーリング中!. 写真:二の腕のトレーニング脱ふりそで腕 写真:胸のトレーニング・ストレッチを感じながら

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。