下半身強化〜スプリットスクワット〜

フィットネス・エクササイズ2021年6月13日

皆さんパーソナルトレーニングと言う言葉は、お聞きしたことは、ありますか?パーソナルトレーニングとは、トレーナーと一対一でトレーニングをするプログラムです。一対一なのでその人の目的にあったトレーニングメニューをしたり腰痛や肩こりのような身体の歪みや癖からおこる痛みを和らげたりできます。

今回は、スタッフの文山さんにパーソナルトレーニングを体験してもらいました。初めに簡単なチェックをして骨の歪みや筋肉のハリなど診たところ文山さんは、股関節を内に入れる動作(股関節内転筋)が弱いことがわかりました。これは、体幹の安定させる筋肉や股関節周辺の筋肉を鍛える必要があるので今回は、スプリットスクワットと言う種目をメインにしてトレーニングを進めていきました。

スプリットスクワットとは、下半身のトレーニングで写真のように足を前後に開き上下させるトレーニングです。なぜこの種目をするのかというと股関節内転筋群の作用として股関節の内転(足を内に動かす)動きと股関節を安定させたり膝が外ににげないようにするのに主につかわりますので、今回のスプリットスクワットはバランスの悪くさせるため、後ろ足を少し上げあえてバランスをくずれやすいようにしておこないます。フラフラして身体を真っ直ぐに保とうするときに股関節周辺のインナーマッスルも鍛えることができるからです。あと大腿四頭筋やハムストリングスや大殿筋といった大きい筋肉も鍛えることができるので一石二鳥です。
興味のある方は、是非ためして見てください。


(城山)

画像(1):これがスプリットスクワットです
※画像撮影者/寺井
写真:これがスプリットスクワットです

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。