背中の引き締め方法は・・・

フィットネス・エクササイズ2009年5月11日

ミラーマッスルという言葉を聞いたことがありますか?この意味は、鏡に写る筋肉のことを意味します。例えば、胸の大胸筋や腕前面にある上腕二頭筋や太もも前面の大腿四頭筋です。よく男の人が好んでトレーニングする場所です。このミラーマッスルは、トレーニングが簡単でわかりやすいのですが、逆にミラーマッスルの後面の筋肉は、トレーニングが苦手な人が多いです。

例えば、背中の広背筋や二の腕の上腕三頭筋やお尻の大臀筋です。この背中、二の腕、お尻の部位は、引き締めたい!筋肉をつけたい!と思う方は多いのではないでしょうか?
この部位3つのトレーニングをブログで何回かに分けて説明したいと思います。

まず今回は、背中です。
三宮店で背中を鍛えるトレーニングマシンは、ラットプルダウンとローイングモーションがあります。今回紹介するのは、背中の下ちょうど腰に近い場所をきかせるトレーニング法です。そのトレーニングは、ラットプルダウンを使います。

注意するところは、肩甲骨と腕。これがちゃんとできていないとラットプルダウンをすると腕ばっかりきいている感じがして背中がしんどくありません。。。
まずは、肩甲骨と腕を下に落とす。この時、まだ肘を伸ばしたまま肩甲骨を動かしていきます。身体が硬い人は、初めは、動かないと思いますが練習すると身体が柔らかくなりできるようになります。肩甲骨を下に下げると一緒に腕も下にさがります。肩甲骨と腕が下にさがりきったところで最後に肘を曲げて終了です。
あとは、ゆっくり伸ばしてこれを10〜13回3セットして下さい。
引き締まった背中の出来上がり!!

ぜひ、一度試してみてください!
(城山)

画像(1)肩をおとして・・・
画像(2)ラットプルダウントレーニングフォーム
※画像撮影者/城山


()
写真: 写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。