ルミナリエの時期を迎えて

マネージャーのヒトリゴト2020年10月23日

早いもので今年もこの季節がやってきました。

12月3日から「神戸ルミナリエ」が開催されています。
これを目的に遠方から来る方も多いでしょうね。

「ルミナリエ」とは祝祭のためのイルミネーションという意味で、「神戸ルミナリエ」は震災の記憶を語り継ぎ、都市と市民の「希望」を象徴する行事として、大震災の起こった1995年の12月に初めて開催されました。以降、毎年開催され今年で15回目を迎えます。

期間中この周辺は交通規制で歩くのも思うように進めなくなっているので、地元の人にとっては不便なこともあるのです。

人生には色々なことが起こりますが、多くの人が犠牲になった震災のことを思えば、こうして今年も無事に年末を迎えられたことの幸せを感じます。

実はこんなに近くで働いていながら、まだ見に行ったことがありません。
人ごみは嫌なのですが、一度は行ってみたいと思います。


(金尾)

画像(1):順路は元町駅から
画像(2):交通規制
※画像撮影者/金尾
写真:順路は元町駅から 写真:交通規制

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。