池田先生とよばれた2週間

店舗日誌2009年6月14日

先月の終わりから今月の初めにかけて、母校の高校で教育実習をさせていただきました。大学1年の時から教職課程を取り始め、やっとここまでたどり着きました。

大学の授業で模擬授業は行っていたのですが、「本物」の生徒たちを前にした教室はやはり練習とは全く違いました。恩師や生徒たちに、「先生」と呼ばれることになかなか慣れず、授業も思ったように進められず、連日、想像以上の努力が必要でした。

この2週間で自分が在学中、先生方がどれほど私たちのために貴重な時間と労力を傾けてくださっていたのか、そのほんの一部分にすぎませんが、理解できた気がします。また、お世話になった先生方、一緒に教育実習をした仲間たち、そして何より若さ輝く母校の生徒たちとの素晴らしい出会いがありました。

担当したクラスは、生徒もとても素直で積極的に発言のできる素晴らしいクラスで、研究授業の批評会では生徒たちを褒められ、私もとても嬉しかったです。最終日に担当クラスの生徒たちから寄せ書きの色紙を頂いたときは、思わず涙が出そうでした。

2週間、終わってみるとあっという間でしたが、常に生徒のことを考え自分の行動を反省し、翌日の準備に追われた日々(2週間で2キロ痩せました)はとても充実したものでした。

言葉では言い尽くせない程多くの事を学んだ、一生に一度の忘れられない経験となりました。この経験を、ただの思い出ではなくこれからにしっかりと活かして本当の意味で自分のものにしていきたいです。皆様、これからもよろしくお願いします。
(池田)

画像/一生の宝物
※画像撮影者/池田


()
写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。