新春の訪れを感じさせてくれる花達

店舗日誌2021年6月25日

クリスマスが明けた26日の花屋の店頭・・・
バラやヒイラギ、ポインセチアなどは姿を消し、早くも春のお花たちが所狭しと並んでいます。
春のお花たちは他の季節に比べると格段に種類も色も豊富で、見た目も華やか。チューリップやヒヤシンスといったおなじみのものから、猫柳や梅などの枝もの、新春用の大王松や南天など、春の生命力いっぱいに勢い良くアピールしてくるので、抱えきれないほどの別嬪さんたちを連れ帰ることになってしまいました。

帰宅して我が家の中でそれぞれの場所に落ち着いた別嬪さんたちは、花びらを広げ香りを漂わせてすっかりくつろぎモード。新春の訪れを五感いっぱいに感じさせてくれる彼女たちを見ながら、あぁ今年も終わりだなぁと実感・・・。
でも春の命は力強くて優しくて、今年が終わっていくことよりも新たにくる年にほのかな楽しみを感じさせてくれます。

今年一年ありがとうございました。
来年もいい年になりますように・・・。


(芦田)

画像(1):チューリップ
画像(2):ヒヤシンス
※画像撮影者/芦田
写真:チューリップ 写真:ヒヤシンス

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。