朝食を食べること

食事・栄養・レシピ2021年6月13日

1日を過ごす為に必要な事!!それは朝食をとる事だと思います。最近は朝食を食べない人が増えているとよく聞きます。朝食を食べずに毎日出勤してます…っていう方は少なくないはずです。でも今から寒くなっていき布団から出れないとか、忙しい毎日の中で、朝食を食べる時間がないというのもあるかと・・・。しかし、朝食の大切さ分かってもらえたら・・・と思います!

体の中でも、脳はブドウ糖だけをエネルギーとし動いている部位です。睡眠をとっている間にも、体の中に蓄えられているブドウ糖を使いながら、脳は活動をし続けてます。寝て起きたばかりの脳にはエネルギー源であるブドウ糖が不足しがちで、しっかりと動いてくれません。朝から働く方ほど、朝食はしっかりと摂ってもらいたいです。
人間の身体は仕事などで忙しすぎてご飯を食べる時間もない!という方に備えて食べたものを身体に脂肪として貯えておこうとします。ですからご飯を食べなくても身体が動くのは、その脂肪を身体を動かすエネルギーとして使っています。

そのため、朝食を食べないと体は軽い飢餓状態だと判断し、その後の昼食や夕食などで摂ったエネルギーはそのまま脂肪分に変えようとしてしまいます。そうなる事で体内への吸収率があがっていき、逆に体重が増えてしまう可能性が高くなります。そうならない為にも、規則的に一日3食摂って頂くのをオススメします!(写真は今日の朝食です。)


(岸本)

画像(1):あせらずゆっくりと食べましょう
※画像撮影者/岸本
写真:あせらずゆっくりと食べましょう

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。