ボクサーの減量について

フィットネス・エクササイズ2013年9月23日

 こんにちは!プロボクサーの前原です。
今日はボクサーの減量をテーマにして、減量について少しお話したいと思います。

 まず、ほとんどのボクサーが1ヶ月〜2ヶ月で大体5〜10キログラムは減量します。
「え!そんなに体重落とせるん!?」と思いますよね。それが、落ちるのです。
そもそも落ちるか落ちないかという話ではなく、“落す”のです。
 ボクサー達は試合が決まるまでは普通に食事をします。しかし毎日たくさん動くので、勿論のこと太っている人はいません。その状態からの減量は、想像以上につらいです。

 何が一番つらいかというと、最後の『水抜き』。水分を取れないということが、僕にとって身体にも精神的にも一番しんどいことです。
ここで一気に5キログラム落すことができます。そうして短期間で体重を落すことができるのです。
 最後には蕎麦も受け付けない身体になります。この状態まできてしまうと、とにかく我慢。自分との闘いです。
 トレーニングの帰りに自動販売機の前を通りがかるとき、自然に財布に手を伸ばしてしまいそうになることもしょっちゅうあります。しかし、150円のジュースを買って飲んでしまえば500グラムの体重が増えでしまいます。
 一瞬の気の緩みでそうなってしまえばその500グラムをまた落す事は不可能です。
最後の最後にはお風呂に入ったときに、皮膚から水を吸収してしまい体重が増えます。

このように一般的な『ダイエット』とはかけ離れたこのようなストイックな方法でプロボクサーは体重を落します。
『ダイエット』と『減量』の違いは結果からも明らかです。
僕たちボクサーはリバウンドをします。計量が終われば1日7キログラム戻ることもありました。
でも全ては試合に勝つため。日頃から体重を増やしすぎない自己管理も徹底しなければいけません。

先月8月25日に試合がありました。結果は2KOで勝ちました。計量前日は鶴ヶ丘店のアテインヨガで普段とは違う汗のかき方を教えていただきました。
今後も続けていきたいと思います。

ダイエットを試みる皆さん、決して無理はせず健康的にリバウンドのない身体作りをしてください。僕でよければいつでもサポートさせていただきます!


(前原)

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。