卓球

フィットネス・エクササイズ2017年7月11日

こんにちは!フィットネススタッフの森田です。

僕は趣味で卓球をやっているので、卓球について話そうかなと思います。

つい最近あった卓球の世界選手権、いわゆる世界卓球がありました。日本も5つのメダルを獲得したことや、13歳の張本選手の活躍などで話題になりましたが、その数ある中でも印象に残った試合について話そうかなと思います。その試合は男子シングルス決勝です。卓球帝国中国同士の戦いで、世界ランク1位の馬龍(マロン)対世界ランク2位の樊振東(ファンジェンドン)による対決です。ちなみに世界ランク2位の選手は自分と同じ年です(凄すぎる)

卓球の簡単なルールから言うと、1ゲーム11ポイント先取の4ゲーム制で、結果から先に言うと世界ランク1位の馬龍がセットカウント4−3のフルセットの死闘を制して優勝しました。

この試合を通して感じたことは、もちろん世界の1番を争う試合なので最高レベルで、試合においての駆け引き、戦術の多さ、一球一球の質の高さ、尋常じゃないほどの身体能力、見ていて魅了されるラリーです。、改めて、卓球の素晴らしさを感じました。

卓球はオリンピック以降人気が上がって、やる人たちも増えてきました。卓球はサッカーや野球に比べて比較的入りやすくて、やりやすいスポーツなので、この記事を読んでくれた方には、これを機に卓球を生活の一部に取り入れてみてはいかがでしょうか?


(森田)

画像(1):卓球
※画像撮影者/森田
写真:卓球

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。