ストレッチが続かない

フィットネス・エクササイズ2019年12月12日

腰痛解消の近道のひとつに、ストレッチがあげられますが、運動の前、後にストレッチは行っているでしょうか?
ストレッチで本当に柔らかくなるの?ストレッチしてもすぐに硬く戻ってしまうし・・・・
と変化があまり感じられなく、結局やらなくなってしまっている方は沢山いらっしゃるかと思います。

前より柔軟性が上がったと感じられない原因のひとつに、「ストレッチを続けられない」方が多くいらっしゃいます。1週間に1回のペースで行っても、筋肉はストレッチをしていない間元の位置に戻ろうとしてしまうので、たまに、のストレッチでは柔軟性が上がったと効果を感じるのは難しいのです。
 ストレッチで柔軟性を上げるには継続して続けることが一番のポイントになります。
そこで、今日はストレッチを継続させるために私が実際行っている事も入れて紹介します。
(1)2日間に1回は15分のストレッチを行う
(毎日、と決めてしまうとできないので、最初は2日に1回のペースで始めました)
(2)伸ばす箇所は自分がやりづらい、硬い場所を伸ばすように意識
(無意識だと人間は自分の得意な身体の動きをするので、本来伸ばさないといけない部分を伸ばしていない可能性があります。硬い場所を伸ばすことでよりすっきり感と伸び感を味わえるようになり、続けていくとストレッチしないと気持ち悪くなっていきます)
(3)カレンダーに記入しみえるところへかけておく
(何か目に見える形で、印を残しておくとモチベーションアップにつながります)
(4)スマホアプリ(Webgym)を利用する
(いざストレッチをしようと思っても、どこを伸ばせばいいのか、わからなかったり、自分で行うと途中で休憩を入れたり、他のことに気が散ってしまったり、よくあるとおもいますが、動画を流してしまえば、そのまま停止しない限り10分〜15分で完了するので、続けやすくなります)
今では、毎日ストレッチをしないと気持ちわるいなぁ〜と感じるほど、ストレッチの習慣が身に付き、その結果、どんどん体が柔らかくなっていっています。
床の手がベターっと着く日が近いかも・・・!?です。


(山中)
写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。