ワインの効果

食事・栄養・レシピ2019年10月15日

こんにちは。フロントスタッフの澤田です。今回はワインの健康効果について紹介します。
皆さんはお酒が好きですか?お酒は適度に飲むこと(1日180ml程度)は良い効果をもたらしてくれると言われています。ただ飲み過ぎは体に毒ですので、最低でも週2日の休肝日を設けるのがおススメです。大きな効果を今回は2つほどあげさせていただきます。

1.寿命を延ばし、病気を防ぎましょう!
ワインは動脈硬化(心臓病の原因)や脳梗塞を防ぐ抗酸化作用をもっていると考えられています。お肉やチーズ等の動物性食品の摂りすぎは、がんの発症を促すインスリン様成長因子というホルモンの産生を促し、血液に悪影響をもたらすと言われています。そこでワインを飲むことによりその原因となっている動物性脂肪を緩和することが可能と言われています。

2.活力向上の効果が期待
お仕事や部活で疲れている時は明日のことを考えるのも嫌になりますよね。ワインの原料のブドウには、レスベラトロールという体内の活力を向上させる効果がある成分が含まれており、そんな時にワインを飲むことでその効果が期待できます。ブドウにも同じ成分が含まれており、未成年の方やお酒が苦手な方も疲れている時にブドウを食べることでも同じ効果を得られると言われています。

他にも多くの効能がワインにはあると考えられています。未成年の方はお酒を飲めるようになるのを楽しみに、成人の方は帰ったらちょっとワインを飲もうかなぁ、とか思いながら今日も一日頑張りましょう。


(澤田)

画像(1):ワイン1
画像(2):ワイン2
※画像撮影者/澤田
写真:ワイン1 写真:ワイン2

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。