効率の良いトレーニングにプールを!

フィットネス・エクササイズ2020年9月29日

日に日に秋色が深まっていく中、皆様いかがお過ごしでしょうか?夏の暑い時期はたくさんの方がプールを利用されていらっしゃいましたが、最近は少し寂しい感じがします。そこで今回はプールでのトレーニング効果についてご案内させていただきたいと思います。

プールに入ると冷たく感じたり、呼吸が速くなったり、動きづらさを感じたりして普段運動している時とは違う感覚があるかと思います。プールは膝や腰への負担が少なく、水の抵抗は速度に比例し、自分の出した力の分だけ負荷がかかるので身体を痛める心配が少ないです。また、胸や背中に水圧がかかるので自然と肺に酸素をたくさん取り入れられるようになるため、心肺機能向上や脂肪燃焼効果につながりやすくなります。

泳ぐのが苦手な方でも水中ウォーキングでしたら陸上でのウォーキングに比べ、同じ運動時間でも約2倍のカロリーを消費することも可能なのでぜひ活用してみてください。

プールでの運動後はびっしょり汗をかく陸上での運動後とは違い、サッパリした感じがして気持ちいいですよ。ただ水中でも汗はたくさんかいていますので、こまめに水分補給は行うようにしましょう。涼しくなってきたからこそプールです!


(大竹)

画像(1):両腕を大きく伸ばして…画像2へ
画像(2):しっかり水を掻きながら歩きます
※画像撮影者/風間
写真:両腕を大きく伸ばして…画像2へ 写真:しっかり水を掻きながら歩きます

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。