心拍トレーニング

フィットネス・エクササイズ2020年7月16日

オアシスSMARTでは心拍トレーニングの機器を使用したHIITというトレーニングを導入しています。これはhigh intensity interval trainingの頭文字をとったプログラムです。ちょっと英語が入って皆さん何?といった感じでしょうが、運動をちょっとやったことがある方なら一度は聞いたことがあるインターバルという言葉が入っているのにお気づきでしょうか?

緩走期というゆっくり走ることと急走期という早く走ることを繰り返すあのきつ〜いメニューです。HIITはあれを更に強度を高めたものと思ってください。強度が高いということは、効果が高いので達成感を得たい方ももちろんのこと短い時間で最大の効果を得たい方にもお勧めです。皆様HIITを受けられた方は満足と共に激しい筋肉痛に襲われていたようです。

私もこの心拍計の愛用者す。ロードバイクでヒルクライムをするときや、ランニングをするときにペースの管理をするのにも効果的です。有酸素運動として動ける限界の心拍数があり、それをAT値といいます。そのAT値まで行っていないか、もしくは余裕があり過ぎないか長距離スポーツでは非常に有効です。また安全面でも自分の感覚は全く問題ないけど実は頑張りすぎている状態で、危険な場合もこの心拍数計では客観的に見ることが出来る為、危険を回避することも出来ます。

ブログでも心拍トレーニングに触れて行きたいと思いますが、すでにお持ちの方やトレーニングの質問などございましたら、ぜひお問合せください。


(松尾)

画像(1):こちらは数値を受信し心拍数を見る時計。
画像(2):胸に巻いて心拍数を取る機械です。
画像(3):心拍トレーニングにぴったりのヤビツ峠ヒルクライム。お約束の写真です。
※画像撮影者/松尾
写真:こちらは数値を受信し心拍数を見る時計。 写真:胸に巻いて心拍数を取る機械です。 写真:心拍トレーニングにぴったりのヤビツ峠ヒルクライム。お約束の写真です。

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。