年末恒例 バスケ納め

店舗日誌2020年9月28日

いててて・・・。全身筋肉痛の中澤です。23日に、今年一年封印していた「バスケット」
してきたんです。

 どうして封印していたかって?ズバリ「ケガ」です。1年前に試合で膝の靭帯を切ってしまったのです。手術して、リハビリをして、秋頃からそろそろ復帰かななんて思っていたのですが、家族中、いや一族中からの猛反対。
 そうなると私の性格上、逆にやりたくなる、やってできないことはないと思ってしまうのです。

 そんな時、「年末のバスケ納め」のお誘いがあり、チャンス到来。でも強気でいたわりに、
「試合は出来ませんが軽く体を動かしに行きます。」と弱気なメールをコーチに返していました。

 当日は4歳の娘(1年前のケガ事件で、バスケ=ママが入院すると思っています)を連れていざ体育館へ。ランニング、ストレッチ、ゲーム・・・結局2時間みっちり動き続けました。
 
 「ケガも実力のうち」の言葉どおり、小学校からバスケを始め、中高大学までケガのない時期は多分無かったと思います。大きな大会ではいつもベンチで松葉杖・・・悔しい思いもたくさんしてきました。ケガばかりではさほど上達もしない。でも皆さんご安心を。「克服して強くなる」です。
 
 最近、私「無敵」な感じがします。きっと治ると信じていると不思議と力が湧いてきますよ☆
 
 スポーツをしてるとスランプだったりケガをしたりと何かと悩みがつきものですが、悩んでいる方、悩んで良いんですよ。遠回りした分、いつか自分のステップアップにつながりますから。
 私も来年は「バスケ完全復帰」目指します!!

 P.S.娘より「ママがバッケ(バスケと言っている)やったこと内緒にしておくね。またつきあってあげるね。」と言われホロリ。強力な味方が1人つきました。
 ※画像撮影者/中澤か

画像(1)試合中
画像(2)走っている私
※画像撮影者/チームメイト


()
写真: 写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。