栄養士嘉恵の1ポイントアドバイス

食事・栄養・レシピ2020年7月16日

 2013年2月より栄養士として勤務しています。坂井 嘉恵です。
これから、食・栄養・健康に関する内容を主に更新していきます。
日々、皆様がより快適に過ごせるお手伝いが出来ればと思っていますので、宜しくお願い致します。

初回の今日の内容は、「運動前後の食事」についてにしました。

空腹で血糖値が下がった状態で運動すると、以下の3点が発生する恐れがあります。
1.スタミナ不足
2.集中力低下
3.ケガの原因
運動前にはしっかりとエネルギー源となる糖質をとり、運動をする時間までには消化が終わっていることが重要です。
運動後は食事をとり、失った栄養を補給しましょう。(糖質、たんぱく質、ビタミン、ミネラル)

運動後の食事が夜遅くなる時は、運動後30分から1時間後におにぎり、ミックスサンド、ヨーグルト、チーズなどの補食をとり調整しましょう。

*運動前後のおすすめの食事例
運動2時間位前に食事をするなら、おにぎりorうどんなど
       ↓
運動1時間位前:おにぎり、バナナ1本程度、果物、果汁100%ジュースなどから選んで組み合わせましょう。
       ↓
運動前30分位前:エネルギーゼリー、100%果汁ジュースなどから選んで組み合わせましょう。
       ↓
運動10分前位からはスポーツドリンク、エネルギーゼリーなど
       
      運動
運動後30分位まで:プロテイン、牛乳、豆乳、乳飲料などからご自分に合わせて選びましょう。

※消化吸収能力には個人差があるので、食べ過ぎないようご自分に適した量を確認してみましょう。
運動というと、運動やトレーニングだけに目がいきがちですが、栄養・休養もしっかりとり、トラブルのない長持ちする身体を作り、毎日をより楽しく過ごしていきましょう。


(坂井)

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。